可愛い人

【商品市況概況】

「信用収縮懸念を後退させたECBの担保要件緩和」

昨日の商品市場は高安まちまちとなった。ECBが市場オペ対象となる担保条件を緩和したことが、LTRO第3弾実施の地ならしとの見方が強まり、ユーロ圏の信用収縮に一定の歯止めがかかるとの期待感が強まったことが、広くリスク資産の買い戻し材料とされる一方、欧州経済統計の悪化を受けてメタル等は小幅安となった...

...続きは、以下のリンクからメルマガ(無料)にご登録頂くことでバックナンバーでご確認いただけます。


※市場分析に役立つチャート類はこちらから(随時更新)→http://www.marketrisk.co.jp/news/?utm_source=news&utm_medium=cpc&utm_content=news&utm_campaign=utm_campaign
※尚、当ブログでの商品市況概況、雑感のアップデートは1日遅れとなっています。
※会社のセキュリティの問題などで登録が出来ない場合は、 ask@marketrisk.co.jp までお問い合わせください(個人の方の代理登録はしかねますので、ご了承下さい)。
http://www.marketrisk.co.jp/contact/




【雑感】

最近、朝に行くドトールを変えた
とこの前お話したが
また店を変えようかと思っている



あの可愛い人



がいなくなったのだ。
いや、もちろん新しくいる方々がダメだ
と、言っている訳ではないんですが
何といいますか、好みというか何というか...
(これ以上書いても、女子には言い訳にしか聞こえないと思うので、止める)。



具体的に私の生活にどのような影響が出るかというと
朝、和ませてくれる材料が1つ減る
という影響が出てくる。



「だから?」



というご意見が耳に痛いが
朝、和むことができるのと出来ないのでは
毎朝、レポートを執筆する側からすれば大分違うのだ



西に我儘な欧州人がいたとしても
彼女を見るだけで



「人は皆、それぞれだから」



と、許容する気持ちになり
西に原油を輸入しないぞ、という欧州人がいたとしても(これも欧州人か)



「話し合えば、分かるはず」



と、非常に穏やかな気持ちになる。
欧州問題やイラン問題なぞは、直ちに解決しそうな気さえする
必然、見通しも比較的穏やかなものになる(それでいいのか!?)



しかし



朝の和みがないと



「畜生、メルケルの奴め。いい加減支援しろ」



とか



「問題意識を共有するだけじゃ、ダメなんだよッ!!」



と、極めて攻撃的な気持ちになる上に
もしネガティブなニュースが流れると
この世の終わりであるかのような気持ちにさえなってしまう。
こんな状態だと、見通しも暴騰か暴落だ。



見通しが平穏な物になるように
お姉さん、Come back



って、まじめな話、別に見通しには影響出てませんので、念のため。