時間

【商品市況概況】

「割安感からの買戻しで上昇」

昨日の商品価格は堅調な推移となった。株価が安定を取り戻したことや、割安感からの買戻しが優勢となったため。注目のFOMC議事録は予想外にタカ派的な内容であり引けに掛けてドル高を誘発したが、その影響は比較的限定された。


...続きは、以下のリンクからメルマガ(有料)にご登録頂くことでバックナンバーでご確認いただけます。


※市場分析に役立つチャート類はこちらから(随時更新)→ http://www.marketrisk.co.jp/topics/
※詳細なレポートは、MRAリサーチ作成の、「MRA商品レポート for PRO」でご確認いただけます。
 お申込みはこちらから→http://www.mra-research.co.jp/report/#pro
 バックナンバーはこちらから→http://www.mra-research.co.jp/backnumber/
※無料メールマガジンの登録はこちらから
⇒ http://www.mra-research.co.jp/contact/#mm
ツィッターも始めました NaohiroNiimura


【雑感】

【時間】

もうすぐ子供の夏休みが終わる。
朝、早い時間から子供は終わっていない宿題をやっているが
特に悩ましいのが自由研究だ。

ググってみると1947年に制定された教科らしく
各々の子供の探究心をはぐくむ、というのが目的のようだ。
しかし実際は、殆どの自由研究がやっつけ仕事になって
すごいなこれ、って研究をやってくるのって1人ぐらいだったような気がする。

よくあったのが以下のようなもの。

朝顔の観察
カブトムシの観察
工作でロボットを作る
昆虫採集
星の観察

自分はこの中からどれかを選んでやっていた記憶があるが
正直なところ、身近にあってお手軽なもので
テキトーに済ますことが可能な課題を選んでいた
工作のロボットは、チリ紙の箱にトイレットペーパーの芯をくっつけて終了

カブトムシの観察は3日ぐらい、その様子を見ただけ
本当は幼虫⇒蛹⇒成虫⇒死亡までやらなきゃダメなんですが
夏休みになる頃には既に成虫になっているので、時期的に宿題にできない。

昆虫採集は、そういえば「昆虫採集セット」っていう
相当残酷な玩具を使って作っていた。
防腐剤が入った毒液を、注射器に入れて注入するという
今の世の中ではありえない、危険な玩具だった(よく売ってたよな...)
「昆虫採集セット」で検索すると楽天で販売しているが
こうした危険な注射器等はセットに入ってませんので念のため。

しかし最近では研究テーマを親が考えたり
企業がそのテーマやキットを提供したりする(有料のものも)
でもそれって、子供の「自主的」な探究心を育む、という
本来の趣旨からは相当外れてしまうような気がするんですよね...

ということで、自由研究は宿題としては
そろそろやめちゃった方が良いんじゃないか?
と、思ったりするわけです。
因みに企業が協力してあげている自由研究は
いずれも面白そうで、子供がやるよりも自分でやってみたいものが多い。
あ、これでいいのか?
http://matome.naver.jp/topic/1Lvp7

そのうちウチの会社が大きくなったら

「子供の頃から考える価格リスクの仕組み」

なんて研究キットを販売するかな。