時代

【商品市況概況】 2024年6月4日 市況

「米雇用関連統計減速で景気循環系商品下落続く」

【昨日の市場動向総括】

昨日の商品市場は、米JOLT求人の減速を受けてドルが安値圏で推移、ソフトコモディティなどが物色されたが、景気循環系商品は総じて水準を切り下げる形となった。

足下、米国の景況感に市場参加者の注目は集まっており、その中で労働需給の緩和を示唆する統計が発表された影響は小さくなかった。弊社が重視している「求人・失業レシオ」は1.24倍(前月1.30倍)と低下、コア物価指数の低下に繋がる。

ただしこの水準でも説明可能なコアCPIは3.50%~3.75%程度であり、引き続き米FRBは高金利政策を維持しなければならないことを示唆している。結果、リスク資産価格には下押し圧力がかかることになり、株の下落やそれに伴うその他リスク資産価格の下落圧力も強まることが予想される。

しかし市場は米FRBの利下げを織り込み始めており、9月の利下げ確率は55.3%(前日51.3%)、11月が48.3%(48.0%)となっている。市場は来年1月までに2回の利下げを織り込み始めたようだ。

とはいえ、製造業PMIは改善しているなど、米国の統計が強弱まちまちであることも間違い無く、引き続き雇用関連統計、フォワードルッキングな指標の重要性は高い。


なお、インド総選挙の結果、与党BJPが大幅に議席を落とした。過半数は維持しているため大きな変化はないが、モディ政権もインフレや貧困層対策により力を入れる必要が出るため、若干の政策方針変更があると予想される。

しかし、国全体の成長・富国化が国民全体にプラスであるため、大きな方針に変化はなく成長見通しも想定通りになるのではないか。


(弊社サービスのご案内)
https://marketrisk.jp/service

 

 

【雑感】
メールマガジンの2日前の雑感になります。
最新のものをご希望の方は、メルマガにご登録ください。
https://www.mra-research.co.jp/contact/#mm


【時代】

テレビはニュースかスポーツしか
正直見なくなった。
面白いドラマはネットフリックスとかアマプラだけど
それすら、見ている時間が長時間に渡るためみていない。

と、思うと、子供の頃はものすごくテレビばっかり見てたな。

「テレビばっかり見てないで、勉強しなさい!」

は家庭で良く聞かれていた親のお叱りの言葉だが
最近は

YouTubeばっかり見てないで、勉強しなさい!」

ってなっちゃったしな。
しかも内容がどうか?と思うものもあるし...

と、思ってネットを見ていたら(お前も見てるんかいっ!)
昔のテレビ番組も、よくよく考えるとかなり内容が
「?」となるものが多いことに気がついた。

川口浩の探検隊シリーズ、本当の話だと
小学一年生・二年生の頃は疑っていなかったが
やらせ以外の何者でもない。
これって今の基準だと、放送倫理に引っかかるんですかね?
あとは、少し大人になってドキドキしながらみていた11PMとか。
今ではこれも恐らく報道コードに引っかかるんだろうな。

さらに、ネットで見ていて「そうだったっけ?」
って思ったのがサザエさん
男尊女卑が当たり前の番組だったんですねぇ...

例えばこんな感じ。

波平(54歳)「飯はまだか!」
フネ(多分52歳ぐらい)「すみません、急いで作っています」
波平「なにぃ!!こっちは朝から外で汗水垂らして働いてるんだ
それが何だっ!!!」
フネ「相済みません、急ぎます」
波平「面白くない、マスオ君、外で何か食べてこよう」
マスオ「はい」

いやーーーーーーーーーーーーーーーー

これ、全国放送ですよ。ゴールデンタイムの(笑)
時代ってのは流れて変わって行くんですねぇ。

※ご興味ある方は「昔のサザエさん」で検索するとうじゃうじゃ出てきます。

本日もよろしくお願いします!