国語の勉強

【商品市況概況】 2024年6月18日 市況

「弱い米東経を受けた緩和期待・ドル安・株高で上昇」

【昨日の市場動向総括】

昨日の商品市場は総じて堅調な推移となった。ISMやPMIなどは強弱まちまちな内容のものが多いが、昨日の米小売売上高が減速したことで、最大経済国である米国の消費が減速、それに伴い利下げ実施への期待が高まり、長期金利が低下、株高、ドル安となったことが材料になった。

景気が減速する可能性を示唆する統計を受けての上昇であるため、需給要因というよりはファイナンシャルな面での価格上昇とみるべきだろう。

昨日発表の米小売売上高は、総合指数が前月比+0.1%(市場予想+0.3%、前月▲0.2%)、除く自動車が▲0.1%(+0.2%、▲0.1%)、除く自動車ガソリンが+0.1%(+0.4%、▲0.5%)と市場予想を下回った。また、前月までの過去2ヵ月分も下方修正されている。

金利はより企業側に影響を及ぼし、個人消費金利の影響を受け難いとされているが、米回転信用は記録的な水準まで上昇、消費者は貯蓄を取り崩しながら消費をしている状況。結果、これまでとは異なりかなり金利は消費者の消費行動に影響を及ぼしていると考えられる。

実際、米石油製品の出荷はこの数週間回復しているが、これはドライブシーズンに入るところで石油製品価格が下落した価格下落効果によるところが小さくないと見る。

しかし、ここで緩和期待が高まり、ドル安や株高が進行する中では更にコモディティセクターが物色され、コストプッシュ型のインフレ圧力を強める可能性もある(スタグフレーションに似た状況に)。

基本、年後半に向けて成長ペースが鈍化し、景気循環系商品を中心に調整するという見方で問題ないと思われるが予期せぬ緩和期待による上昇、それに伴う需要の減速というシナリオもリスクシナリオとしては想定して置く必要があろう。


(弊社サービスのご案内)
https://marketrisk.jp/service

 

 

【雑感】
メールマガジンの2日前の雑感になります。
最新のものをご希望の方は、メルマガにご登録ください。
https://www.mra-research.co.jp/contact/#mm


【国語の勉強】

最近、あんまり面白いことがない。
その中で、数少ない楽しみが
オオタニサンと山本由伸の活躍だったんですが
オオタニサンは活躍しているものの
山本さんはケガをして長期離脱。
手術とか必要ないのか、どうなのかよく分からないですけど
相当、テンションは下がってます。

個人的に5月・6月はいろいろありまして
重なるもんだな、ってつくづく思ってます。

こうした下がったテンションを上げるために
ちょっと前はYouTubeでポジティブな話をしている映像を見たり
マンガ読んだりしてたんですけど
なんだかピンと来ないんですよね...

特にYouTubeは広告がたくさん入るし
(そういうビジネスモデルだから仕方がない)
ずっと見ていても、結局結論は最後の10秒だけで
この30分を返してくれ、って本気で思ったりする。
これならいっそ、文字にしてまとめておいてほしい。

と、文章を書く仕事をしていながら
自己否定みたいなことを書いてますが
こういう世の中(情報があふれてどれを見ていれば良いか分からない世の中)
だと、より余分な情報を削いでいく動きになると思うんですよね。

で、文章って、接続詞があるから分かり難くなってるんだと思うんですよ。

例えば、「例えば」もより理解を深めるために例示をするためのものだし
「また」とかは同様の例を並列で表記して、狙いはやはり理解を深めるため
「しかし」などの逆説の接続詞も、主旨に対する反証をすることで
伝えたいこと(あるいはしかし以降)を強調する手法だし。

となると、「そもそも短い文章で分かりやすければ、接続詞は要らない」
ことになります。
この雑感も、「でも」とか「しかし」とは「とはいえ」とか
妙な接続詞を使ってますが、それも使っちゃダメってことになりますな。

ええ...そんなに接続詞とか例を挙げずに
それっぽくみんなを満足させる文章って難しいっすよ。
てか、ムリ。

でもなぁ、たしかにTikTokとかの短い映像が人気なのはそういうこと
なんだろうな。

そう言えば...じゃあ、上記の雑感を接続詞なく50文字ぐらいに
ChatGPTでまとめてもらおう。


「最近の楽しみはオオタニサンと山本由伸の活躍だけど、山本がケガで離脱。
気分が下がり、YouTubeやマンガも効果なし。
情報過多な世の中で接続詞のない短い文章が重要だが
満足させるのは難しい。」


すげぇ...
全く主旨が分からない。まさに雑感...
もうちょっと国語を勉強しよう(今日の結論)。

本日もよろしくお願いします!